11月22日(水)にミニ健康フェスタを実施しました。

今回もドレミ薬局の入り口前の通路を使わせていただきました。
なんだかこの光景が目に馴染んできたような・・・・

イベント会場

朝からあいにくのお天気となりましたが、イベント開始時間になるや、いつもドレミ薬局をご利用下さっている患者さまがおいでになりました。

今回はロコモ対策第2弾ということで、筋力、歩行能力のテストを中心にいろんな測定を行いました。

すっかりお約束となった骨密度を皮切りに、身長、体重測定です。
また、足の筋肉が痩せてしまうと歩行能力にも影響が出てしまいますので、ふくらはぎ周りの長さを測定します。

ふくらはぎの周囲に筋肉がきちんと付いているか、道具を使わず簡単にできるチェック方法として「指輪っかテスト」があります。
利き足でない方のふくらはぎをぐるりと囲むように、両手の親指同士と人さし指同士をくっつけた輪っかを作ってみてください。
ふくらはぎがスカスカになっているなら要注意ですよ!
しっかりとバランスをとって体を支えられなければ転倒する危険性が大きくなります。

さて、お次は握力測定です。
学生時代にスポーツテストなどで測定したことがある人もいるかもしれませんね。

片手ずつ、思いっきりギューっと握って、その最大値を見ます。
握力が弱くなると、ペットボトルのふたやジャムの瓶のふたが開けにくくなったり、頻繁に物を落としてしまったりするようになります。
普通に暮らしていると、なかなか測定するチャンスがないので、皆さん目をキラキラさせて楽しそうに取り組んでいました。

最後は5メートルの距離を歩く速さを測定しました。
1秒間に1メートル以上の早さで歩けるかどうかが目安となっています。
この目安をクリアできれば、横断歩道を青信号で渡りきれるくらいの歩行能力があると見なせます。


これらの測定をすべて終え、結果を元に今後の健康への取り組みなどについて薬剤師から提案やアドバイスなどをしました。
普段、処方箋のお薬を説明・お渡しする場合とは異なり、時間を気にせずゆっくりお話しできるため、参加者の方からもいろんな話題や質問などが飛び出し、内容の濃い時間が持てました。

また、今回も15時からやわらぎ鍼灸整骨院の古賀院長に講師としておいでいただきました。
その人その人に合ったトレーニング方法をじっくり丁寧にご指導いただきました。
私たちドレミスタッフも大変勉強になりました。
あとはこれが毎日続けられるか・・・頑張ろう(; ゚∀゚)

12月はミニ健康フェスタはお休みです。
また来年から再開しますので、お楽しみに~♪